平成26年度科学技術人材育成費補助事業 「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」

N.R.P.育成対象者の都甲薫さんが科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました

N.R.P.育成対象者の都甲薫(筑波大学准教授)さんが、
平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞されました。


【業績】絶縁基板上Ⅳ族半導体薄膜の結晶成長とデバイス応用の研究
ガラスやプラスチック等のありふれた基材の上に優れた半導体を形成できれば、電子デバイスはより身近なものとなり、情報社会や環境発電を飛躍的に高度化できる。しかし、これらの基材は耐熱温度が低いことから、低いプロセス温度で半導体結晶を構築する必要がある。
氏は、従来の半導体材料であるシリコンの特性を凌駕し、かつ結晶生成エネルギーの低いIV族半導体材料(ゲルマニウムおよびその化合物)に着眼してきた。特に、非晶質薄膜の結晶化過程を研究し、IV族材料を絶縁基板上に低温合成する革新技術を開発した。
本研究成果は国内外で高い評価を受けており、当該研究分野に新しい潮流を生み出している。高機能新材料をベースとした新規ユビキタス・デバイスの開発が期待される。