平成26年度科学技術人材育成費補助事業 「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」

平成28年度産総研NIP 透過型電子顕微鏡による高分子試料解析技術入門コースの様子を紹介します

今年度から開講した<透過型電子顕微鏡による高分子試料解析技術入門コース>の第1回目は、8月2日~4日に開催されました。

初日は安全講習につづき「タンパク質の観察」講義・実習が行われました。


2日目は「TEMの基礎」講義につづき「ウルトラミクロトームによる高分子試料のTEM観察試料作成」講義・実習。


最終日は「エネルギーフィルターTEMによる観察及び解析」の実習。



最後は修了証書を手に、
多田哲也共用施設ステーション長
3日間にわたり講師を務めてくださいました
堀内伸上級主任研究員と
記念撮影を行いました。
皆さんお疲れ様でした。




感想(抜粋)

∗今回の講習では習熟するまではいかないが、TEMの試料作りから測定まで一通り体験でき、どの

  ようなことが行われているのかよく分かった。今後、依頼測定をするにしても、オペレーターの

  方とのディスカッションに非常に役に立つと思う。

∗三日間の研修を通して、生体試料、水溶液中の試料のTEMで分析する際の、具体的な実験条件、

  及び、試料作製の難しさを知ったことは大きな収穫だった。今後、当方で興味を持っている生体

  関連分子の系に適応可能かについて、詳細に検討していきたい。

∗TEMは高分子、触媒、イオン液体など様々な分野で貴重な情報が得られる測定技術であると同時

  に、一般にはなかなか測定作業を体験できない測定法でもある。今後は研究で扱う材料を評価す

  る手段として、これまで以上に取り入れていきたいと考えている。

∗ご指導いただいた広瀬先生、堀内先生とも知り合うことができたことも大きいと考えている。

∗著名な先生に実習をしてもらえたので、電子顕微鏡で不明な点があったら連絡できる点もいいと

  思う。

∗実習に多くの時間を割いてくれるのが大変有用だと思う。実習をメインに行ってほしいので、人

  数は2人、多くても3人に絞った方がいいと思う。

∗事前に実習に使用する試料や装置名をお知らせてもらえると、事前に予習ができていいと思う。