平成26年度科学技術人材育成費補助事業 「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」

平成28年度産総研NIP<光周波数計測技術入門コース>の内容を紹介します

平成28年度から開始の本コースが、12月1日、2日に実施されました。参加者はアライアンス内育成対象者の2名です。


初日は安全講習と「波長計測と光周波数計測」の講義、実習では外部共振器型レーザー同士の光ビート計測と安定度評価を行いました。






2日目は「光周波数コムの原理と応用」の講義と光周波数コムの特性の観測と評価の実習、長さの特定標準器の見学を行い修了しました。



写真は前列左から周波数計測研究グループ稲場グループ長、大久保主任研究員、2日間講師を務めてくださった大苗上級主任研究員との記念撮影。








感想(抜粋)

∗ 基本的なところから、光周波数計測の背景、周辺状況や有用な論文情報を含めてご教授頂いたた

   め、非常にわかりやすい講義でした。また、改めて勉強する場合でも、お勧めの文献なども紹介し

   て頂き、光周波数計測技術の入門に必要な知識、技術を教えて頂きました。

∗ 必要の際には個別にご相談いただけるとのこともあり、良いネットワークができたと思います。

∗ ディスカッションや質問をはさみながら講義と実習をしていただき、理解の促進に役立ったと思

   います。

∗ 講義及び実証ともに基礎的なところから受講生の理解度に合わせて進めていただいたので、非常に

   分かりやすかった。

∗ 少人数のため、インターラクションが多く密な研修になっていました。今後の研究の幅を広げる引

   き出しが増えたという観点では、非常に有意義な研修でした。

∗ 光コムの話は聞いてはいましたが、実物を見たことが無かったために実際に動作するところを見学

   できて大変感動しました。