平成26年度科学技術人材育成費補助事業 「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」

京都大学NRPホスト平井助教が「平成28年度秀でた利用6大成果」を受賞

2月17日東京ビックサイトで第15回ナノテクノロジー総合シンポジウムが開催され、平成28年度秀でた利用6大成果の発表と表彰式が行われました。
Nanotech CUPALのアライアンス内からは、京都大学の田畑研究室と物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)の亀井准教授が共同で開発した「Body on a Chip」の研究成果が優秀賞を受賞されました。

微細加工PF:京都大学
「創薬スクリーニングを目的としたマイクロ流体デバイス」
ユーザー氏名: 平井義和,加藤義基,亀井謙一郎,土屋智由 (京都大学)
実施機関担当者:大村英治(京都大学)


詳しくは以下のホームページから
Nanotech Japan
Nanotech Japan 利用成果セレクション
京都大学大学院工学研究科マイクロエンジニアリング専攻


⇐授賞式に出席された平井義和先生
(NRPホスト研究者でもあります)
Nanotech2017のNanotech Japanブースで